お知らせ
チケット予約
施設空き状況・予約

30年度ルネ鑑賞モニターレポート⑥「錦織健テノール・リサイタル」

«前のページへ戻る

9/9(日)錦織健テノール・リサイタルに寄せられたルネ鑑賞モニターレポートを抜粋でご紹介します。

初めての声楽のコンサート、しかも錦織健さんのコンサートということでとても楽しみに出かけました。席は2階でしたが中央最前列で姿もよく見え、声がこちらにストレートに届く感じで、まるで私に向かって歌って下さっているような贅沢な錯覚をしながら2時間を過ごしました。
オペラの歌と言えば敷居が高く難しい感じがしますが、この日のプログラムはいろいろなジャンルの曲が取り上げられていて、とても親しみやすいものでした。前半はサンサーンスの「白鳥」や映画ロミオとジュリエットの主題歌や、日本の長く歌い継がれてきた曲が中心で、とても暖かく落ち着いた気持ちで聴くことができました。休憩をはさんだ後半、衣装、そして髪型まで変えてギターを抱えて登場されたときは、まずその姿にびっくりしました。ギターを弾き、歌いながら客席を回り始められた時にはさらにびっくり。客席も大喜びでした。ここで歌われた3曲は、劇中、想いを寄せる人のために歌う曲だそうで、なるほどと納得しました。後半は本当に錦織健さんのすばらしい歌声と声量をたっぷりと味わうことができました。そして歌の合間に、とても楽しいお話をたくさんして下さり、小平や「ルネこだいら」ともとてもご縁がおありと言うことがわかり、とても親しみを感じました。素晴らしい歌声だけでなく、ピアノの河原忠之さんとの楽しい掛け合いや、更にはタイムリーなエアーテニスまで披露して、いろいろな演出で客席を楽しませて下さりとても楽しいコンサートでした。
(60代女性モニター、2階席前方で鑑賞)

 

・14時25分に着くと開場待ちの長い列に驚き、女性が圧倒的に多いことに気付き、即休憩時間トイレの混雑を連想した。
・スーツ姿の若い男性スタッフがホール内に待機していて、親切丁寧に席が見つからない客(特に高齢者)に対応していたのは良かったが、見た限り1人しかスタッフがいなかったので、複数配置したほうがベストだと思った。
・休憩20分の放送と同時にすぐホール下トイレの状況を、モニターの役割だと思い確認しに行くと、既にスタッフ数名が女性トイレ利用者に壁に沿って二列に並ぶよう誘導し、2階にもトイレがあることを口答で伝えていた。その為通路は半分空きスペースがあり歩き易く、女性客は整然と列に並び混乱は全くなかった。適切な対応であったと感心した。
・休憩時ホール内をパネルを持って、女性スタッフが携帯電話の電源切るように呼びかけていたが、ソフトな対応で良かった。
・公演内容は実に感動的であり素晴らしいものであった。国立音大、玉川上水、小平という言葉が何度も本人から出て、小平市住民として大変親近感を覚えた。
・「死んだ男の残したものは」の場面では思わず涙がこぼれてしまう程、心に響いた。
・休憩直後の場面では、ギターを奏でながら客席を一回りしたが、サービス精神溢れ身近な存在として受け止める事が出来た。
・圧倒的な熱唱、心に残る歌に感動し、帰宅後も余韻に酔いしれるリサイタルを鑑賞でき本当に良かった。
(60代男性モニター、1階席で鑑賞)

 

私はピアノをやっているので、声楽家の方のリサイタルは、これまでほとんど行った事がありませんでした。プログラムを見た時、知っている曲は、3曲ぐらいで、はたして最後まで楽しく聞けるのかしら、と思いました。でも1曲目が始まった時、“わっ、すごい!”と錦織さんの歌声に感動しました。イタリア歌曲は、正直意味がわかりませんが、心をこめて、ていねいに歌われる姿に、さすが~と思いました。そして次にびっくりしたのは、トークのおもしろさでした。歌っている時とは、全くちがう人になり、本当にすぐ側で、近所の知りあいのお兄さんが自分に話しかけてるような口調で、会場が笑い声につつまれました。
そのギャップがおもしろく、好感に思えて、今まで遠かった(自分の声楽家に対する印象までがらりと変わり)声楽が、とても身近かなものとなりました。また今回、2階席からでしたので会場の隅から隅へ、お客様に、ていねいに回わられながら歌って下さった時の様子がよく見えました。みなさん笑顔で、そしてすばらしい歌と心あたたまるトークによって音楽を通して会場がよろこびの中「みんなの心が一つとなれた」そんな瞬間でした。
またピアノの方がすばらしい音色で弾いていらっしゃるのを見て、これまで自分がもとめてきた弾き方でしたので、プログラムにあるように、歌手やソリストの方が共演者に挙がって指名する人気ピアニストなんだろうと思いました。繊細な表現力、幅広い音色、すばらしいなと思いました。
プログラム終了後でもアンコールを何曲も(ユーモアある表現で)弾かれ、本当に楽しませていただきました。そして、この感動を伝えていける者と私もなりたいと心から思いました。
公演終了後、2、3人に声をかけ聞いてみると「ファンです。大田区からきました。」と言ってました。最近、遠くから来られる方が増えているように思います。すばらしいルネこだいらの企画をして下さっている方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
(50代女性モニター、2階席前方で鑑賞)

 

9/9錦織健テノール・リサイタルの公演詳細は、こちら