お知らせ
チケット予約
施設空き状況・予約

小平市文化振興財団職員の新型コロナウイルスの感染について

«前のページへ戻る

2021年1月16日(土)に、公益財団法人小平市文化振興財団(小平市民文化会館(ルネこだいら)・小平ふるさと村指定管理者)の職員が、新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。

所管保健所から濃厚接触者と判断された小平市民文化会館・小平ふるさと村の業務に従事する他の職員、スタッフはいません。

感染していることが確認された職員は、2020年12月28日(月)以降出勤していません。現在は自宅待機として健康観察を行っています。また、体調不良を訴える小平市民文化会館・小平ふるさと村の職員、スタッフは確認されていません。

なお、小平市民文化会館・小平ふるさと村では、日々実施している消毒などに加えて、今回、改めて感染症予防対策を講じたうえで、業務を継続することとしました。

今後も、小平市民文化会館・小平ふるさと村では、引き続き館内の定期的な消毒、換気システムのきめ細かな運用、マスクの着用、来館者の検温など、政府、東京都の対応方針に基づいて策定された、劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン、博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン等の遵守、徹底を図り、お客さまに安心してご利用、ご来館、ご来園いただけるよう、施設の適切な運営に努めてまいります。

なお、当該職員や関係者等の人権尊重と個人情報の保護のため、個人の詳細については公表しません。ご理解と特段のご配慮をお願い申し上げます。